読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専用アプリを組み合わせて音声認

“VR元年”スマホ向け簡易デバイスの評価は? 段ボール製のVRゴーグル「ハコスコ タタミ」。価格は1200円 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(「ハコスコ」公式サイトより) PlayStation VR、Oculus Rift、HTC Viveなど、家庭向けのVR(バーチャルリアリティー)専用デバイスが次々と発売され、「VR元年」と呼ばれた2016年。 グッチiPhone7ケースPlayStation 4向けのPlayStation VRは4万4980円(税別、以下同)、PC向けのOculus RiftとHTC Viveはそれぞれ599ドル(約7万円)と9万9800円。いずれも高価だが、一方でスマホをセットするだけで楽しめるVR対応ゴーグルも人気となっている。 ヴィトン iphone7ケース たとえば、サムスンの「Galaxy Gear VR」は1万2000円前後で販売。対応機種はGalaxyだけだが、頭の動きに応じて映像の視点が変わるヘッドトラッキング機能を搭載している。 ルイヴィトンiphone7ケース一方、イギリスのAccessories 4 Technology製の「Stealth VR」はiPhoneを含む、多くのスマホに対応。こちらもヘッドトラッキング機能を搭載し、価格は9800円だ。 ヴィトン iphone7ケース また、ヘッドトラッキング機能などは付いていないが、より簡易な3Dゴーグルも多く発売されている。素材や機能で価格は様々で、安いものなら1000円程度で購入可能。 ルイヴィトンiphone7ケースなかには段ボールでできた「ハコスコ タタミ」という商品もある。 さて、そんなスマホ向けのVRゴーグルの評判はどうなのだろうか。 ルイヴィトンiphone7ケースツイッターを見てみると、 「PSVRは買えてないけど、スマホ用のゴーグル買ってみた。おもちゃみたいなやつ。 おもちゃみたいなのに、覗いたら未来が見えたよ。いい年して『おぉー』とか声に出してしまった。 ヴィトン iphone7ケースVRすげー」 「1000円の簡易スマホVRもらったけど、これは使える」 「この間スマホでできるVRの箱?を購入して家族で試したんだけど、思ってた以上にクオリティー高くて本当に異次元に入り込んだ感」 と、なかなか好評のようだ。ただ一方で、 「昨日からスマホVR試してるんだけど、立体的ではあるんだけど、小さいなあっていうのがあって、リアルな感じがしない問題」 「スマホで出来るVRでね、軽いVR体験はできてるんだけどね、いかんせんiphone 5sだとねぇ、画面小さすぎて寄り目じゃないとまともに見れないんだよねぇ」 など、やはり簡易デバイスならではの欠点はある模様。 ルイヴィトンiphone7ケースまた、 「そう言えば気になって買ったスマホ用VRゴーグル めっちゃ酔う」 「スマホ用のVRのセット買って、刀ステ(※)のVR見たー!視界が動くと言う感動を味わった!!酔った!!」 ※舞台『刀剣乱舞』のこと と、「VR酔い」をしたとの意見も。ただし、VR酔いはデバイスの問題もさることながら、視聴時の体調や、コンテンツ側の問題も大きいといわれるため、一概に簡易デバイスのせいとはいえないだろう。 ルイヴィトンiphone7ケース 一部不満はありつつも、手軽な割には存分に楽しめそうなスマホVR。この年末年始、一度試してみては? (小浦大生) 【関連リンク】 ■Stealth VR ゲオ、新品「ZenFone Go」や中古スマホの初売りセールを実施 画像:ITmedia  ゲオが、スマートフォンの初売りセールを実施する。 マイケルコースiphone7ケースカバー激安 2016年「ケータイ Watch」を賑わせた、さまざまなニュースのうち、今回は2016年10月~12月で、各月ページピュー(PV)トップ10に入った記事をリストアップしてみました。 □Xperia Earが話題に、650円の「MONO」にも注目

 ルイヴィトンiphone6カバー

 ルイヴィトンiphone6カバー

 ルイヴィトンiphone6カバー

 ルイヴィトンiphone6カバー

 10月のPVトップになったのは「Xperia Ear」。 ヴィトン iphone7ケース片耳型のBluetoothヘッドセットに、専用アプリを組み合わせて音声認識のエージェント機能を楽しむ――という新基軸の製品だけに、ガジェットに好奇心をくすぐられる「ケータイ Watch」読者の皆様の関心をひいたよう。iPhoneの「Siri」、そしてその後発表されるグーグルの「Googleアシスタント」など、音声認識だけではなく、人工知能などとの組み合わせは、今後、さらに普及していく可能性が高まっています。 グッチiPhone7ケースそうしたトレンドにマッチする「Xperia Ear」ですが、発売から1カ月ほど経った現在、街で身に着けている方は見かけることはなく、発表以降もなかなか話題にのぼりません。このままでは2016年秋に一瞬の輝きを放った不思議なアイテムになってしまわないか少し心配になりますが、今後、どのような体験をもたらしてくれるか期待したくなります。 ルイヴィトンiphone7ケース  2位にはいよいよサービスインした「Apple Pay」のレポート記事がランクイン。そして3位以降には、ドコモの冬モデル発表会の記事が並びます。 ディオールiphone7ケース特に割引適用によって、650円程度という格安スマホも真っ青の価格を打ち出した「MONO MO-01J」に注目が集まりました。総務省が「実質0円」を禁止するものの、“卸値が安い廉価端末は対象外”というルールにあわせて提供された「MONO」がどれだけ人気となるのか、来春にかけてその動きは見逃せないものになりそうです。 シャネルiphone7ケース 10月の ランキング1ソニーバイルが「Xperia Ear」11月18日発売、2万円 2日本で「Apple Pay」、iPhoneかざしてSuica、クレカが使えるように 3ドコモが2016年冬~2017年春モデルを発表 4ドコモオリジナルブランド、割安価格のスマホ「MONO MO-01J」 5ドコモから「Xperia XZ SO-01J」 6月額1200円の通話定額、ドコモがLTE対応フィーチャーフォン向け料金 7米グーグルが新型スマホ「Pixel」発表、Google Assistantを初搭載 8「実質0円規制」緩和求めるソフトバンク、ドコモは抜け道封じを要望――総務省のフォローアップ会合 9au、20GB/30GBのデータ定額サービス「スーパーデジラ」を提供 10“LTEケータイ”向け新プラン、auがドコモに対抗 □“VR元年”だった2016年、そしてiモード端末の出荷が終了へ  今年は「VR(仮想現実)元年」とも言われた1年でもありました。専用デバイス、あるいはスマートフォンを使ったVRヘッドセットで、高い没  全国のゲオ、ゲオモバイル95店舗にて、ASUS製のスマートフォン「ZenFone Go」(新品)が、1万6800円(税別、以下同)を4800円で販売する。 ヴィトン iphone7ケース1月1日10時からの500台限定となる。 【中古スマホが最大23%オフに】  ZenFone Goを4800円で購入するには、ゲオかゲオモバイルでUQ mobileを契約する必要がある。 ヴィトン iphone7ケースここで契約したUQ mobileの月額料金は、無料通話の月3600円分と月2GBの通信料込みの月額2980円(ぴったりプラン)が、最長1年間にわたり月額1200円に割り引かれる。  さらに、1月1日10時~9日まで、全国のゲオ、ゲオモバイル96店舗にて、中古スマートフォンの特選機種を最大23%オフで販売する。 ヴィトン iphone7ケース例えばソフトバンクのiPhone 6s(64GB)が4万9800円から3万8079円に、ソフトバンクiPhone 6(128GB)が3万9800円から3万447円に、ソフトバンクのiPhone 5c(16GB)が1万1800円から9027円に割り引かれる。